回路解析の結果(熱源の見積)や伝熱経路、放熱器の形状や材料を元にして、温度分布の見積を行います。

どの程度まで温度マージンを持たせているのかや、工夫しているポイントを探るのに活用いただけます。

 

以下は、放熱解析による温度分布の例です。

放熱解析

解析サービス

湿度分布の例

車載電源モジュールの放熱器

冷却FANによる送風のため導風フィンが設けられている。

なお、熱源となる素子および基板は裏面に取り付けられている。

熱等価回路を適用することにより部品・コンポーネントの温度上昇の検討。

放熱機構の温度分布シミュレーション結果

トランジスタ部よりも整流ダイオード部の発熱が大きく、最大で161℃にまで達している。