基板を各層ごとに除膜して配線情報を抽出します。

(各層の写真は、標準解析のレポートに含まれます。)

車載用基板のご依頼が圧倒的に多いですが、スマートホンのような高密度実装基板や、高周波やカメラモジュールなどのセラミック基板などの、用途が限定される基板についても実績が豊富にあります。

また、ガーバーフォーマットやDFXフォーマットでのご提供も可能です。(オプション)

 

以下は、車載用基板を除膜していく様子です。

各層写真

解析サービス

X線による側面からの基板構成の観察

基板の構成は、積層数が4層であること、配線間はスルーホールによって接続されていることがわかります。
この基板構成情報をもとにして、当社の”職人”が上の写真のような除膜を丁寧に行っていきます。