標準解析の価格は、搭載部品点数および端子数,基板サイズ,基板の積層構造、によっておおよそ決まります。

以下は、自動車用バッテリーセル監視ユニットを解析した場合の価格例です。

標準解析

解析サービス

(ご注意)

基板が、ヒュミシールのように防湿処理されている場合や基板自体が樹脂で覆われている場合など、素子の取外しに影響する場合は費用が変動します。

<基板情報>

 製 品 :車載Cell Monitoring Unit

 サイズ :116mm x 75mm 

 積層数 :4層

 部品点数:445個

 端子数 :1174端子

1目盛は10mm