ICチップの平面レイアウトから、アナログやロジック、メモリ、IOの区別を分類して各ブロックごとの詳細を特定します。

「詳細な回路解析までは必要ないが、チップレイアウト概要は知りたい」、

「回路解析を行いたいが、予算が足りない」といった方は機能分類、機能推定解析がおすすめです。

 ​機能分類、機能推定解析

解析サービス

機能分類・機能推定

機能分類・機能推定とは?

1. 機能分類

・Gate層を平面観察する事でロジック、メモリ、IO、アナログの分類及び面積と占有率を算出。

・Gate層をSEM観察する事でロジックのスタンダード(STD)セルサイズやメモリの1bitセルサイズを特定。

2. 機能推定

データシートのブロック図やピン配置と特徴のあるレイアウト構成を特定することで各機能ブロックを推定し、

各ブロックのIP面積の取得を行います。