LEXUS UX300e 搭載 PCU、BMS、OBC ティアダウンレポート企画

LEXUS UX300e 搭載製品 のティアダウンレポートを企画中!
本レポートにご興味はございませんでしょうか?

●LEXUS UX300e 概要
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
・LEXUS、初のEV市販モデル「UX300e」
・日本では、2020年10月限定販売135台分の申込受付、2021年4月レクサス販売店にて商談開始
 <仕様>
 ・リチウムイオン電池 355.2V(3.7V x 96直列)
 ・電池容量 54.35kWh、153Ah(51Ah x 3並列)
 ・航続距離 367km(WLTC)
  ・最高出力150kW モーター・ギア統合2 in 1駆動モジュール(トランスアクスル/Eアクスル)を搭載


●製品仕様
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
○PCU(DCDCコンバータ内蔵)
・デンソーの両面積層冷却技術による低熱抵抗・高出力密度・小型軽量HEV用PCUをベースに高出力化
・HEV用同様の小型軽量設計により、トランスアクスル頂上搭載・近接配置を可能としエネルギー損失を低減
・PCUは、MG ECU、インバータおよびDC-DCコンバータを一体構造
・インバータは、IPMやコンデンサなどで構成、IPMは、RC-IGBTを採用
・DCDCコンバータは355.2Vを14Vに降圧、最大出力1.86kW(15.5V,120A)

○BMS
(1)サテライトバッテリモジュール
・各電池セルの電圧/温度を検出し、これらの情報をバッテリコンピュータASSYに送信

(2)バッテリコンピュータASSY
・EVサブバッテリの状態(電圧、電流値、バッテリ温度など)を検出し、EVコントロールコンピュータへ送信
・EVサブバッテリ冷却用電磁弁の開閉信号、バッテリクーリングブロアASSY作動信号を送信、
 またバッテリ冷媒空冷システムを実行するために必要なブロア回転すのフィードバック周波数を検出
・EVサブバッテリや高電圧回路からの漏電を検出する漏電検出回路を内蔵
・EVコントロールコンピュータとのCAN通信

○OBC
・6kW充電:電流上限が30A以上の普通充電器(スタンド)を用いた場合(AC200V,30A)
・上記の場合の充電時間は、約7時間30分
・高出力、高効率な充電システムを開発
・OBC内部の部品の小型化および部品のスペース効率化を図り小型化
・充電時に必要な補機用電力を供給するサブDCDCコンバータを内蔵
・水冷


●解析予定内容
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
〇LEXUS UX300e 搭載 PCU(DCDCコンバータ内蔵)ティアダウンレポート
・PCUの分解工程
・搭載基板の主要部品調査

〇LEXUS UX300e 搭載 BMS(サテライトバッテリモジュール&バッテリコンピュータASSY)ティアダウンレポート
・サテライトバッテリモジュールおよびバッテリコンピュータASSYの分解工程
・搭載基板の主要部品調査
・バッテリマネージメントIC(BMIC)のチップ開封、チップ写真

○LEXUS UX300e 搭載 オンボードチャージャ(OBC)ティアダウンレポート
・OBCの分解工程
・搭載基板の主要部品調査