販売レポート

LiDAR:Valeo製SCALA2(Benz Sシリーズ(2022))ティアダウンレポート

概要

・SCALA2は、Benz Sclass(2022年3月)に搭載されているLiDAR(Light Distance And Ranging)

 2021年量産開始(SCALA1:2017年に量産開始) レベル3の自動運転に対応の製品。

・SCALA2は、200mの長距離の検知範囲と、133°の広い視野角を備えている。

・SCALA1(前世代)と比べて、製品サイズの奥行が6.2mm縮小(95.5mm)、

 垂直方向の視野角が3倍(10.5度)、測定ポイント数が5倍に拡張(250k/秒) 。

・回転ミラーによるスキャン方式を採用。

製品特徴(前世代からの変更点)

・制御モジュール用の筐体カバーが無くなり、制御基板搭載の発熱ICは、放熱グリスを介し

 直接製品筐体と接触・放熱となっている。 製品サイズ(奥行)の縮小と関係。

・レーザーダイオードの駆動素子は、GaN FETを採用 (前世代は、 「Bipolar Transistor」)。

・受光センサは、16channelに拡張 (前世代は、3channel)。 そして測定ポイント数も250k/秒に拡張。

・センサモジュールは投光と受光の2基板構成 (前世代は、投光、受光、電源の3基板構成)。

・受光基板のディスクリート部品(前世代はLNAを構成)の搭載数が減少し、電源素子が追加搭載。 

 前世代の電源基板の機能を受光基板および制御基板に分散し、センサモジュールは、

 投光と受光の2基板の構成としたと推測。なお受光基板のサイズは前世代とほぼ変わらず。

・メモリサイズは、DRAMが2倍、Flashメモリが4倍に拡張。

・その他主要部品(SoC、PMIC、DCDC、TransceiverIC、Temp.Sensor等)もほぼすべて変更。

解析内容

・製品分解、分解写真、基板搭載の主要部品調査、当社解析SCALA1(※)の基板搭載主要部品比較

    (※)17G-0037-1ティアダウンレポート、18G-0007センサ基板回路解析レポート

       ご要望があれば、SCALA2の分解ユニット貸し出しもご相談に応じます。

レポートパンフレット

LiDAR:Valeo製SCALA2(Benz Sシリーズ(2022))ティアダウンレポート


・​その他当社リリースレポートは こちら

販売レポートのご購入・エルテックに関するご質問がございましたら
お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

よくある質問はこちら